itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

9月27日・最終回の半沢直樹のキーマン児嶋一哉さん福澤克雄監督絶賛の絶賛「いいエンジンを持っている」

 

 

 

倍返し

新型コロナウイルスのお邪魔で急に来週13日に延ばされた、TBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)第8話に代わり、1時間の生放送特番を放送する!

半沢直樹の恩返し」(後9・00)が6日夜にオンエアされ、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の
児嶋一哉さん(48)についてチーフ演出の福澤克雄監督(56)が「(児嶋演じる)笠松は最終回
(第10話、9月27日)で非常に大きな役どころ」と予告した。

 

児嶋さんの役どころは、ヒーロー・半沢(堺雅人)を妨害するにっくき白井国交相(江口のりこ)
の秘書の笠松役である。

この役は原作には無く・登場しないドラマオリジナルのキャラクターなのです。

笠松さんは以前、進政党の重鎮・箕部(柄本明)を長年にわたって支え続けていた。

児嶋さんは、福澤監督が演出した2014年4月期の日曜劇場「ルーズヴェルト・ゲーム」

にレギュラー出演。

主人公・細川(唐沢寿明さん)が社長を務める青島製作所の営業部長・豊岡を演じた。

最終回の主要人物となる今作品へのキャスティングについて、福澤監督は「うまかったんですよ。

凄く印象に残っていて。

香川(照之)さんがよく仰る『いいエンジン』を持っているとのことでした。

役者さんとしては堂々としている」と起用理由を説明。

児嶋さんは「うれしい」と大喜び(役者でくっていけるんじゃん)。

初めて聞きました。(撮影現場で)会った時、こういうことを言ってくれないんですよ。

シャイだから」と喜んだ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました