itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

深津絵里さん初の朝ドラでヒロインに上白石萌音の娘で川栄李奈の母に 起用理由は?

 

カムカムエヴリバディ

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のヒロインに決まった(左から)上白石萌音さん、川栄李奈さん、深津絵里さん (C)NHK

12月23日に、2021年後半にNHK連載TV小説「カムカムエブリバディ」のヒロインに上白石萌音、深津絵里、川栄李奈が選ばれたことが明らかになった。

上白石萌音と深津は最初の朝のドラマです。

また、オーディションでは3061人の中から上白石萌音さんと川栄さんが選ばれたました。

深津さんは「今回は105作目のヒロインになります。

105番の数字の重さには責任があると思う」と語った。

一方、「でも今回は3人!魅力あふれる萌音さんと李奈さんと一緒なら怖いものなし!

とても心強いですぅ。

 

「脚本の藤本さん(ゆき)さんは、それぞれの時代の女性を3人で明るく輝かせたいと思いますと語った。

 

毎朝8時にお会いできるのを楽しみにしています」と語った。

『Come Come Everybody』は、連続テレビ小説史上初の100年家族物語となる。

3人のヒロインが織り成す、昭和、平成、玲和の時代にラジオ英語講座を歩き、

祖母、母、娘の3世代の親子のドラマを描く。

上白石萌音が靖子、深津が春井、川栄が日向を演じ、母から娘へとバトンをつなぐ。

 

2021年度後期連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』 の3人のヒロインが決まりました。

安子・るい・ひなたとして、母から娘へとバトンをつなぐ、戦前から戦後、そして令和まで物語を紡いでいくヒロインの3人です。

今回、安子役の上白石萌音さん、ひなた役の川栄李奈さんは、3061人のご応募いただいたオーディションから見事に勝ち抜きヒロインに選ばれました 。(おめでとう)

発表のために撮り下ろした3人のビジュアルを発表のために公開たします。

 

♦物語

1925(大正14)年、日本でラジオ放送が始まった日に、岡山市内の商店街にある和菓子屋で、
安子(やすこ)という女の子が誕生しました。。

安子、るい、ひなたと、三世代の女性たちが紡いでいく3世代の女性が紡ぐ100年の家族物語。

安子の娘、二代目ヒロインるいの物語は、、1955年代に大阪で始まります。

るいの娘、3番目のヒロインひなたの物語は、昭和40年代の京都で始まります。

 

昭和から平成、玲和へ。 3世代のヒロインはその時代の課題に直面し、時には世界や流行に取り残されますが、恋愛、仕事、結婚、彼女ら自身の生き方、不器用ですが、それぞれが違うあり方で、 みつけてゆく。

 

そして、3人の傍にはラジオ英語講座がありました。

藤本有紀さんによる原作、ラジオ英語講座、あんこと野球、ジャズと時代劇を題材としたテレビ連載小説の書き下ろしオリジナルストーリー。

昭和から平成、そして令和へ。

三世代ヒロインは、その時代時代の試練にぶちあたり、ときに、世間や流行から取り残されながらも、恋に、仕事に、結婚に、自分らしい生き方を、不器用ながらも、それぞれが違うあり方で、見出していく。

そして、3人の傍らには、ラジオ英語講座があった。

連続テレビ小説『ちりとてちん』の藤本有紀が、ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に書き下ろすオリジナルストーリー。

物語の舞台は京都、岡山、大阪。戦争で夫と死に別れ、娘を置いてアメリカに渡るしかなかった祖母・安子(やすこ)。

親と英語を憎みつつも、ジャズソングに救われて自分の人生を切り開いた母・るい。時代劇の世界に憧れながら、回り道を経てラジオ英語講座に自分の居場所をみつけていった娘・ひなた。

3人はラジオで英語を聴き続けることで、それぞれの夢への扉を開いていく……という内容で、「小さな一歩一歩を積み重ねることが、思ってもいない人生を切り開き、明るく照らしていく」というメッセージが込められた、波瀾(はらん)万丈のハートフルコメディーだ。

♦上白石萌音さん靖子役からのコメント

連続テレビ小説に出演することは長年の夢でした。

大好きな「英語」と「ラジオ」で紡がれるこの作品で、私の夢が叶うこと飛び上がりたいほど嬉しいでます。

オーディションの時はスタッフの雰囲気がとても暖かく、このチームの一員になりたいと強く思っていました。

でも、全然自信がなかったので、ヒロインに選ばれたことを知らされて本当にびっくりしました。

とにかく、大阪でまたお会いできるのを楽しみにしています。

深津絵里、川栄李奈に続くリレーの最初のランナーとして、バトンをしっかりとつなぎ、
みんなの朝を照らすように頑張ります。

♦深津絵里さんるい役 からのコメント

今回は105作目のヒロインになります。

105という数字の重さには責任があると思います。

これまで一人でヒロインを務めてきた人々の覚悟を想像すると、

私は尊敬しかありません。

でも今回は3人!
魅力あふれる萌音さんと李奈さんと一緒なら怖いものは何もない!

非常に心強くまた励みになります。

脚本家の藤本さんが創作した、それぞれの時代の3人の女性を明るく輝
かせていけることを願っています。

♦川栄李奈さんから日向役からのコメント

今回は連載TV小説「ComeComeEverybody」で日向役をやらせていただきます。

朝のドラマヒロインは大きな夢のひとつで、何度もオーディションに参加しました。

受け取るまで続けていこうと思っていたので、受かったったと聞いてとても嬉しかったです。

そして、全力で結果を待っていました。

先日、制作の方々と上白石萌音、深津絵里さんともお会いましたが、
次第にリアルになり、ワクワク感あふれるものになりました。

以前、「とと姉ちゃん」に出演させていただいた時、ヒロインの高畑充希さんはとても
パワフルでいい人だったので、周りの人に力を与えるために楽しく明るく挑戦できたらと思いました。

仕事で何度か大阪に行ったことがありますが、大阪ならではの街並みや風景、そして人情に溢れた温かい人たちが元気になってくれて、長く撮影するのが楽しみです。

みんなに笑顔を届けるために頑張ります。

 

製作総指揮者の堀ノ内玲二郎氏さんは、「企画の当初から、るい役を演じるのは難しいと思っていた。

青春期を演じてもらいつつ、後半ではひなた(川栄さん)の母親を演じてもらわなければならなかったからです」と明かす。

続けて、「るいはある理由で母親から離れた人生を歩み、傷ついたり失われたりしながら、自分の意志と力で生きる道を開く。

深津絵里さんは、そのような長所と短所を持つ女性のために俳優が魅力的に演じることができるだろうという考えを思いついた人でした」と、任命の理由を説明しました。

「深津さんは、さまざまな作品で新しい女性の価値観や生き方を教えてくれました。

ドラマ制作現場の駆け出しの私にとって、本当に憧れ中の憧れの存在の女優さんでした。

正直、最初は深津さんに朝のヒロインを演じさせるのは夢の世界の話だと思っていましたが、
藤本雄基が描いた物語の魅力と3世代のヒロインとの100年の物語野心は率直に受け止めてくださり

そしてそれを実現することに決めました。

 

2021年度後期 連続テレビ小説
『カムカムエヴリバディ』<4K制作>

【放送時間】
《NHK総合》
(月~土)午前8時 [再]午後0時45分
《BSプレミアム・BS4K》
(月~土)午前7時30分 [再](月~金)午後11時
【作】
藤本有紀 《オリジナル作品》
【スタッフ】
制作統括:堀之内礼二郎 櫻井賢
プロデューサー:葛西勇也 橋本果奈
広報プロデューサー:齋藤明日香
演出:安達もじり 橋爪紳一朗 深川貴志 松岡一史
【収録予定】
2021年春頃 から

 

※出典 引用 NHK
※出典 引用 MANTANWEB

—————————————————-

 

 

タイトルとURLをコピーしました