itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

黒島結菜さんが2022年度前期の朝ドラ、ちむどんどんのヒロインに史上初あさイチで発表

 

※出典 引用 NHK
※出典 引用 MANTANWEB

「ちむどんどん」でヒロインを演じる黒島結菜さん (C)NHK

 

スポンサーリンク

 黒島結菜さんが2022年度前期の朝ドラ、ちむどんどんのヒロインに史上初あさイチで発表

 

女優の黒島結菜さんが、2022年前期のNHK連続テレビドラマ(朝ドラ)『ちむちゃくちゃ』のヒロインを務めることが3月3日、NHKから発表になりました。

 

 

これまでも朝ドラのヒロインは記者会見で発表されてきましたが、今回はコロナ災害の影響もあり、「あさイチ」では初めての発表となりました。

同作は、2022年に本土復帰50周年を迎える沖縄を舞台に、沖縄料理を作ることを夢見るヒロインと、強い絆で結ばれた4人の兄妹の笑いあり涙ありの物語。

 

 

ジョン・カビラさんのナレーション。

 

 

黒島結菜さん

1997年生まれ。沖縄県出身。デビュー以来、映画やドラマ、CMなどで着実に存在感を示し、若手女優のホープとして注目を集める。NHKでも、2014年のドラマ『孫のナマエ~鷗外パッパの命名騒動7日間~』をはじめ、連続テレビ小説『マッサン』『スカーレット』、大河ドラマ『花燃ゆ』、土曜ドラマ『夏目漱石の妻』など多数のドラマに出演。2015年、NHK広島放送局制作の『一番列車が走った』では阿部寛とともに主演を務め、高い評価を集める。土曜時代ドラマ『アシガール』で、主人公の速川唯/唯之助役としても活躍。

 

 

これまでの出演番組

連続テレビ小説 マッサン(2015)中村秀子役

インタビュー

第20週に出演させていただきました。撮影当時、私はまだ高校3年生。『マッサン』は大人気の“朝ドラ”でしたが、私はまだ“朝ドラ”がどんなものなのすらよくわかっていなかったんです。だから私的には大阪放送局に行って、着物を着て、北海道のことばは難しいけど“お芝居って楽しいなぁ!”という感じでした(笑)。

 

そんな初めての“朝ドラ”の現場の印象は、「カメラがものすごく多い」ということです。

それにスタジオにはスタッフさんもたくさんいて、周囲をキョロキョロ見てしまうくらいだったのを覚えています。

 

黒島結菜さんが2022年度前期の朝ドラ、ちむどんどんのヒロインに史上初あさイチで発表

 

※出典 引用 ウィキペディア(Wikipedia)
※出典 引用 NHK
※出典 引用 MANTANWEB

 

◆NHK過去の作品

 

◆おちょやん・サウンドトラック・大阪のお母さん

・ 連続テレビ小説「おちょやん」オリジナル・サウンドトラック

・ 大阪のお母さん (潮文庫)

————————————-

◆過去の連続テレビ小説DVD人気ランキング

・連続テレビ小説 スカーレット

・連続テレビ小説 純情きらり

・連続テレビ小説 なつぞら

・連続テレビ小説 エール

・連続テレビ小説大河ドラマ 太平記

 

スポンサーリンク

 

 

※出典 引用 NHK
※出典 引用 MANTANWEB
楽天カード新規入会

タイトルとURLをコピーしました